小児歯科

6才臼歯について

6才臼歯について

6歳臼歯は、6歳位になると乳歯の一番後ろから、歯ぐきを突きやぶるようにして生えてくる永久歯です。

この歯は永久歯の中で噛む力が最も強く、噛み合わせや、歯並びの基準となる大切な歯です。

しかし、生えたての6歳臼歯は歯の質が軟らかい、噛む面の溝が複雑で深い、ゆっくり生えてくる、生えてきたことに気が付きにくいなどの理由から虫歯になりすい歯でもあります。

歯ブラシがしっかりできるようになるのは、小学校2~3年生からですので、時々お母さんがお子さんの口の中をチェックしてあげてください。

シーラント

シーラント

まだ生えたばかりの乳歯の奥歯、永久歯(特に6才臼歯)はとても凸凹してる為、深い堀にバイ菌がたまりやすく、歯磨きしても食べかすが残り、虫歯になってしまうリスクが非常に高いです。

子供の歯が虫歯になってしまうと、その次に生えてくる大人の歯にも影響を与え、歯並びが悪くなったりすることもあります。

シーラントは、そういった悪影響を防ぎ、綺麗な永久歯列を育てるために、特殊なやわらかなレジンを掘りの深い部分に流しこみ、バイ菌が入らないようにうめて、虫歯の予防を行う治療です。

日常のきちんとした歯磨きや定期検診でシーラントを補修していくなどして、健康な歯を維持していきましょう。

妊娠中の治療について

妊娠中の治療について

妊娠中の方、もしくは妊娠している可能性のある方は診療をお受けになる前に必ずお申し出下さい。

妊娠中の治療に際しましては母体や胎児への影響をできるだけ少なくする事が必要です。当クリニックでは、必要性を考慮した上で、十分に注意して診療いたしております。治療に際し、疑問や質問等ございましたら遠慮なくスタッフにお尋ね下さい。

治療の時期

一般に歯を削って詰めたり、歯石を取るなどの簡単な処置はいつ行っても特に問題となることはありません。それ以上の治療(抜歯や切開を必要とするものなど)は、安定期である28週目以降に行った方が安全です。

X線撮影

歯科でのX線撮影1枚による、生殖腺への線量は、妊娠初期の奇形発生線量の10,000分の1以下です。当院では、より危険性を小さくするために、X線防護用のエプロンを使用し必要最低限の枚数での撮影を行っております。

麻酔の注射

極少量の麻酔液を局所的に用いますので、母体ならびに胎児への影響は特に問題となることはありません。

薬の服用

強い炎症、痛みによるストレス、栄養摂取への障害など薬を飲んだ方が母体や胎児にとってよい場合に限り、少量を短期間の間、服用していただくことがあります。

使用する薬剤は長年使用されて、その安全性が高いとされている物ですのでご安心ください。歯科治療の内容は、状態によっては徐痛を目的とした対処的処置の範囲にとどめておいて、出産後の安定した状態になってから再処置を行った方が良い場合もあります。

お口の健康管理

妊娠中は歯肉が腫れやすく、歯肉炎を起こしやすくなり、ちょっとした磨き残しや歯石でも痛みにつながることがあります。歯石をできるだけつけないこと、ついてしまったら早めに除去することが大切であり、普段以上に丁寧なブラッシングが必要です。

また、将来お子様のお口の中に住みつく細菌は、お母さんのお口の中にいる菌が感染して定着したものが多いことが知られています。お母さんのお口の中に強い虫歯菌がいない方が、出産後、お子様の虫歯予防の苦労も少なくて済みますので、妊娠から産後、育児とお母さんにとっても大変な時期ですができる範囲で頑張っていきましょう。

page top