ITIインプラント

ITIインプラントについて

ITIインプラントは、20年以上にわたる総合的な臨床研究や、ハーバード大学やケルン大学を始めとする世界有数の大学での研究によりその信頼性の高さが証明されています。

ITIインプラントの材質は、全て純チタンです。チタンは生体親和性を有し、生体組織内で合併症を起こさず、アレルギー反応も報告されていません。

またチタンは耐蝕性に優れ、医療業界ではインプラント以外にも、骨折した際に骨と骨をつなぎとめるプレートやスクリューにも使用されています。

ITIインプラントの特徴

ITIインプラントの大きな特徴として、フィクスチャー埋入の手術が「1回法」であります。これは手術後、フィクスチャーの上にヒーリングキャップを装着し歯肉を貫通して外に出すことにより、アバットメント装着時の2次手術が要らない術式です。

これにより、患者さんがより痛みを感じずにインプラント治療を進めることが可能になりました。
【なお、症例によっては「2回法」(アバットメント装着時に2次手術が必要な術式)を用いる場合があります】

ITIインプラントの特徴

page top